【オプティとは?】

ダイハツ工業が生産販売していた軽自動車。

一代目は愛嬌のある丸っこいボディで人気があり、主に女性ユーザーが多かった。
電動キャンバストップのモデルも存在した。
現在もファンから支持され全国各地で走っている姿を見かける。

二代目は一代目のボディ形状を継承せずにトランクの有る3ボックスセダンとなった。
軽自動車史上唯一の4ドアハードトップボディでサッシュレスのドアが特徴である
ミニバン人気が盛り上がる時期に発売されたのが原因なのか?販売台数があまり伸びずに販売を終了した。



一代目「L300系オプティ」

通称:サンオプ、リエオプ
販売期間:1992年~1998年
ボディタイプ:3ドアハッチバック/5ドアハッチバック(旧規格サイズ)
搭載エンジン:EF-KL型(直3SOHC)、EF-EL型(直3OHC)、EF-ZL型(直3DOHC)すべて660cc
変速機:5MT、3AT、4AT
駆動方式:FF、4WD
グレード:標準型、クラブスポルト、ピコ、パルコ、クラシック



二代目「L800系オプティ」
通称:ハチオプ、オプティ2
販売期間・1998年~2002年
ボディタイプ:4ドアハードトップ(現行規格サイズ)
搭載エンジン:JB-DET型(直4DOHCターボ)、EF-DET型(直3DOHCターボ)、EF-VE型(直3DOHC)、EF-SE型(直3OHC)すべて660cc
変速機:5MT、3AT、4AT
駆動方式:FF、4WD
グレード:標準型、ビークス、クラシック


[ハチオプ(8op)の名称について]
L800系オプティは生産台数が非常に少なく世間ではあまり知られていない車のため、会話上で初代オプティ(L300系)と混同されないように「L800系オプティ」の『8』と『オプ』を合わせて『ハチオプ』と当サイトでは親しみをこめて呼んでいます。

おかげさまで『ハチオプ』という呼び名がいろいろな場所でいろいろな方々に使っていただけるようになりました。

まことにありがとうございます<(_ _)>


[サンオプ(3op)の名称について]
L800系オプティを「ハチオプ」と呼ぶようになったので、逆にL300系オプティを「サンオプ(3op)」と呼ぶようになりました。


【参考】
ウィキペディアの記事