前足のテスト


前足のショックを前に買っておいたコペン純正に交換してテストしました~
何のテストかというと。。。 低速時のタイヤのダダダ現象の究明。。
通常使用時の加工ショックのキャンバーは3~4度くらい・・・
んで、無加工ショックにしてキャンバーを少なくしてみたのですが・・・
そんなには解消せず。。 逆にクイック感が損なわれてました (+。+
超クイッキーなハンドリングはあのキャンバーにあったんですな。
すちゃっとステアを切った時に前外タイヤに乗る感覚。。。 ギュイーンて曲がる感じ
この車、運転したことがある人はわかると思いますが あのクイック感は・・・・
切ったときに外タイヤがちょうど良い感じで接地していたからだったというのが解析できました(笑
(それ調べたわけじゃないんだけど)
で、話戻して・・あのダダダ現象はリアとフロントのスプリングレートバランスとかかもしれません。
後ろが固過ぎてトランクションがかかりにくいのかも。。(リアが沈まない)
それとフロントショックの伸び側減衰力が弱くすぐに伸びて荷重の逃げが多い・・・・
いよいよ、純正ショック流用から別のものにチェンジかぁぁ
あと扁平タイヤで縦のヨレがなく回転溜りを作りにくい?(想像)
サイドウォールの柔らかい厚いタイヤがいいかもしれないなあ~
(13インチSタイヤは厚いけどサイドウォール固いのでだめだった)
あ、そうそうノーマルキャンバーだとハミタイになり・・・
コーナーリング中にフェンダーにタイヤが触っちゃうので・・・
結局、元に戻しましたwww
それとそれと問題を他にも抱えてて・・・
細かい振動の起きる路面を走ると左前足付近からコココココって音がするんですよ
コペンアッパーのベアリングがやられたかなーと思いチェックしようと思っててはや3ヶ月w
なかなかできなかったのでやっと確認できました。。
したら・・・やはりゴリゴリになってました(++
んで、これも中古品に交換・・・

しかし・・・・まだ音が鳴ってる感じ・・・
ただ、この中古品もヤバそうなので今度新品交換して再チェックしよう。。
(ハブベアリングも視野に入れてはあるんですけどねえ)
そうそう、このコペンアッパー前のものはボディとの接触面にスポンジ貼ってあったのですよ。
それがもうボロボロになってたから似たようなのを貼っておきました。
ちなみにロットが違うのか、交換したほうはプレスによる膨らみ加工がありスポンジは無かったね。

カテゴリー: 足回り
前足のテスト” への1件のコメント
  1. セナ太郎 より:

    ショックの減衰力不足に一票~!(笑
    私もミラX2の時にダダダってなっていましたが、ショックを減衰力を強い物に交換したら出にくくなりました。
    参考までに・・・

  2. リズ&パディ より:

    アッパー新品、御入り用の時は是非~!

[PR]

最近のコメント

[PR]

パワーウィンドウスイッチの故障に

パワーウインドウスイッチ A ダイハツ DAIHATSU 11ピン 社外品 互換品 集中ドアスイッチ

新品価格
¥2,380から
(2015/11/11 10:05時点)

2020年3月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

[PR]